女性のためのライフワークを考える

向上心があり、自分のライフワークを真剣に考えている方、そして、社会貢献へ関心のある全ての女性へ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコプロダクツ2006

2006.12.15.Fri
昨日「エコプロダクツ2006」へ行ってきた。

時代の流れを感じてしまった。

今や、「エコロジー」に取り組むということが大企業のミッションであり、それを昔の日本のように「不言実行」ではなく「有言実行」するので、車系、ガソリン系はもちろん、紙系、電気系と一流メーカーが多く出展していた。

数年前は、地味目な展示会が多くなってきたが、
なんだか、以前の活気ある展示会を思い出してしまった。

そして、来場者の4割くらいが小学生・中学生の社会科見学?である。
これも、企業にとっては、子供の頃から「good impression」を与えることができる格好の場であろう。
意外と、子供の頃の記憶は残っているもので、その時感動した企業に対しては、大人になっても良い印象を持ち続けるというパターンが多い。
(ある編集者は、小学生か中学生の時に展示会に行き「パイオニア」からサンプルなど色々なものをもらい「気前の良い会社だな~」と思い、今でも「本当に、パイオニアは、好きだな~」と言っている)

少子化時代、既にローティーン囲い込みは始まっている??

さて、エコプロダクツだが、私は大きな企業の取り組みよりも、小さな企業や自治体の取り組みに注目した。
気になったところを次回更新します。
※今資料が手元に無い!!
スポンサーサイト

不名誉な企業リスト

2006.12.12.Tue
「グローバル・コンパクトより除外企業335社が発表 」ということで、
「不活発」及び「報告なし」として扱われる企業335社を除外したそうだ。

この不名誉な企業リストを見てみると、
ブラジル、フィリピン、インド、スペイン、中国などが多い。
(幸運にも?日本企業は無かったです)
何故、このような国が多いのだろうか?
おそらく日本はキチンとレポートをしているのだろう。
しかし、大企業がCSRレポートを書くことだけを目的としてCSRを取り組んでいるようなことがあったら、違う意味で深刻な問題である。
表面的なところ以外の部分も調査して欲しい。

なんだか、久しぶりの更新なのに、重いネタ(笑)。

クリーン歌舞伎町

2006.11.16.Thu
9月に初の「そうじボランティア in 下北沢」に参加しましたが、そのNPO団体のグリーンバード歌舞伎町チームが東京新聞(紙面・オンライン)に掲載されていました。

『バーテンダー、ママもボランティア
クリーン歌舞伎町
歌舞伎町をきれいにしよう-。新宿区歌舞伎町で働く人やボランティアらが、この夏から街のごみ拾いを始めた。バーのママやホスト、ラーメン店員らが率先して清掃作業をしている。』

※東京新聞引用
(それにしても東京新聞のオンライン記事制作にはあきれてしまう)

以前、下北沢チームの方から歌舞伎町チームの話は聞いていて、
この歌舞伎町チームの活動は、夜、実施するので、「酔っ払い」が絡んでくるらしいです。 本当にたちの悪い酔っ払いですよね。
多分、昼間は仕事も出来ず、窓際で何も言えずに、部下からも疎まれ、
お酒が入った時だけ、やたらと大きなことを言うオヤジですよ。

こういう活動は、もっと広まって欲しいですよね。

私もまた参加しないと!

クールビズ効果

2006.11.12.Sun
今年のクールビズ効果の数値が発表された。

CO2削減量3割増加
環境省は今年6月1日から9月30日までの夏の軽装「クールビズ」期間中、会社などで冷房温度を高く設定したことで、約114万トンの2酸化炭素(CO2)を削減する効果があったとする推計結果を10日、発表した。
約250万世帯の1カ月分の排出量に相当し、同省は「温度設定を高くする会社が増え、昨年に比べて約3割増の成果があった」としてる。』

とりあえず、良かった結果なんですよね。。。

これからは、ウォームビズですね!

私のCO2排出量

2006.09.28.Thu
昨日の私のCO2排出量を計算してみた。
(交通機関のみの排出量です。その他の排出量は入っていません)

某駅(最寄り駅)⇒表参道  0.43kg
表参道 ⇒神谷町  0.07kg
神谷町 ⇒二子玉川 0.26kg
二子玉川 ⇒某駅 0.37kg

合計:1.1kg

この計算方法は、
CO2駅すぱあと で簡単にわかる。

それにしても、1.1kgって多いですよね。
もちろん、これは電車の排出量とイコールです。
ですので、私だけが排出した量ではないですが、
なるべく、排出量の低いルートを選ぶということしか、
今のところ思い当たらない。
究極は、徒歩・自転車かしら?
しかし、それは現代人としては無理ですよね。。。
あまり、コンシャスになり過ぎると良くないけど、
たまに、こういう排出量を知るのも良いことかもしれませんね。

参考までに、上記の計算は、電車での排出量ですが、
この区間を車に置き換えると、

某駅(最寄り駅)⇒表参道  4.3kg
表参道 ⇒神谷町  0.72kg
神谷町 ⇒二子玉川 2.5kg
二子玉川 ⇒某駅 3.6kg
合計:11.1kg
車は問題外ですね。

Posted by Brave-woman

トイレの便座のフタでエコロジー???

2006.09.19.Tue
《すぐにできるエコロジー活動》

環境省のトイレの個室には、
「電気便座のフタを閉めると、
CO2が年間約18kg削減!
約1100円の節約」
 

という掲示がされているそうです。

『電気便座のフタは閉めましょう!!』

これは、とても簡単な「エコロジー活動」ですね。

皆様も実行してください。

Posted by Brave-woman

初!ボランティア活動

2006.09.18.Mon
本日、初のボランティア活動に参加しました。

green bird」というNPO団体が行っている『街のそうじ in 下北沢』に参加しました。

まず、12:55分下北沢ピーコック前に集合。
大学生らしく集団が4,5名いたので、「きっと、あの集団に違いない」と声をかけ、一応無事に集合。
その後、リーダー及び代表の方が集まり、合計で約15名くらいのチームで、駅前のお掃除開始!

私ことBrave-womanは「もえるゴミ」担当
shimokita-1.jpg

Asian-lutusは「もえないゴミ」担当
shimokita-2.jpg

早速、タバコの吸い殻発見
そして、タバコの吸い殻ばかりが目立つ。特に待ち合わせポイントでの吸い殻だ。
また、火がまだついている状態で捨てている吸い殻もあった。
どうして、こんなにマナーが悪いのか!と驚いてしまう。
「俺だけはいいや」とか「私だけはいいや」という神経で、「ポイッ」と吸殻を捨てるのだろうか。

今やタバコのマナーの啓蒙活動はかなり行ってはいるが、どのくらい削減できたのだろうか? 
JTの調査結果
「歩道などに吸いがらを捨ない... YES:62.2% +3.0%UP / NO:57,8%」となっている。
JT広告のクリエイティブにはNOのパーセンテージは書いていないが、
NOの57.8%って多いと思いませんか?
性善説的な考えばかりではないということですかね~・・・
もちろん、タバコ会社も様々なCSRやCause Marketingは行っていると思うが、何か別の角度からのアプローチもあるのではないかと思う。

私達の今後の検討事項としても考えたい。

話は掃除に戻って、
約1時間くらい掃除を行い、ゴミ分別をキチンと行い、解散。
初のボランティア活動は、無事に終了!

感想としては、若い方達が非常に熱心に活動している事に感動。
また、キレイにするいことても清々しく、なんだかPositiveな気持ちになります。 
「出来ることから、少しずつ始める」ことは大切。
まずは、[DO=行動]ですね。


やはり、 「一日一善」は気持ちがよい!

ちなみに、参加者はほとんど大学生で、私達2名は平均年齢を少々UPさせてしまったかな??(笑)。

※green bird HP引用
『green birdとは「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに誕生した原宿表参道発信のプロジェクト。
「ゴミやタバコをポイ捨てしない。」と< 宣言 >すれば、誰もがgreen birdのメンバーです。
主な活動は、「街のそうじ」。でもこれは強制じゃありません。
「街を汚すことはカッコ悪いことだ。」という気持ちを持つだけでいいのです。
個人をはじめ、ショップスタッフや企業・団体など、ただ今、プロモーションの輪はどんどん拡がっています。
合言葉は“KEEP CLEAN. KEEP GREEN”』


※解散後、「アースデイマーケット」に立ち寄り、「おくらビスケット」をゲット。
earthday.jpg

Posted by Brave-woman

子供とチャリティ

2006.09.15.Fri
『トイザらス フレンドシップバンド』が今日から発売された。

詳細は、以下です。

「15周年オリジナル商品の展開および社会貢献活動の一環として、当社オリジナルのリストバンド『トイザらス フレンドシップバンド』(税込価格:299円)を、2006年9月15日(金)より全国のトイザらス店舗、ベビーザらス店舗およびトイザらス・オンラインショッピングサイト(http://www.toysrus.co.jp/)において期間限定で販売します。
『トイザらス フレンドシップバンド』は、1本299円(税込)で販売し、1本につき50円を、株式会社スモール・プラネットを通じて、財団法人日本ユニセフ協会へ寄付します。この寄付金は、世界の子どもたちのためのさまざまな活動に使用されます。」

toyR.jpg


多少”曰く付き”のバンドを活用したチャリティ活動だが、トイザらスでは、はっきりと1本につき50円と明記されているので、クリアな感じがします。

子供の頃から「チャリティすること」を体験させることは、とてもよい教育だと思います。
そして、親が子供に「チャリティ」や「ボランティア」について教えてあげることが重要ですよね。

"なんとなくチャリティ"でも、チャリティをしないより全然マシだが、
やはり、この『トイザらス フレンドシップバンド』を通して
「何故チャリティをするか」などを子供とじっくり話し合う機会 が、出来れば良いですよね。

実は姪っ子がいるので、最近おもちゃ売り場には興味深いんです。
昨日もキティランドを探索していました(笑)。
やはり、子供は何にでも興味深々なので、私も姪っ子に話してみよう・・・ がしかし、まだ2歳だから理解出来ないだろうな~。。

Posted by Brave-woman
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。