女性のためのライフワークを考える

向上心があり、自分のライフワークを真剣に考えている方、そして、社会貢献へ関心のある全ての女性へ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震対策

2006.09.03.Sun
地震対策してますか?

9月1日は防災の日でしたが、日々地震について考えなくてはいけない国ですよね。

今や、地震の数秒前に「地震が来るぞー」という装置があるようです。
はたして数秒で一体何が出来るのだろうか?
おそらく「あー鳴った!地震が来る。どうしようーー!」と、慌てているうちに地震がきてしまう。
・・・・だから無理よ、とあきらめる前に、日頃からの「心構え」と「最低限の準備」だけでも出来るのではないかと思う。

しかし、家やオフィスなどにいる場合は、ある程度想定できるので訓練も出来ますが、外にいる場合や、電車に乗っている場合、あるいは、エレベーターの中にいる場合などあらゆるシーンで、地震は起こりうる。

一番恐ろしいのは、「エレベーターの中」
1人だったら?
数人だったら?
大勢だったら?
廃墟のようなビルのエレベーターだったら?
などなど様々なシチュエーションがある。
考えただけで、恐ろしくなってしまう。

ある専門家が、
「エレベーターの中に閉じ込められたら、3,4日間は閉じ込められたと思いなさい」というお言葉!
さらに、
「パニックせず、落ち着き、体力を消耗しないよう、じっと待ちなさい。そして、ビニール袋や新聞紙を持って、いざという時に役立てる」
ということだ。

エレベーターの中に、3、4日間ですよ!
その時の人間の心理状態はどうなってしまうのでしょうか???

考えたくないことだが、おそらく現実的な答えなのでしょう。

あまり過敏になり過ぎるのも良くないと思いますが、
いざという時の用意は出来ることはしておいた方が良いですよね。

防災の日からの教訓:
・パニックをおこさない
・履きづらい靴は履かない
・4階くらいであれば、階段を使う

(持ち歩くもの)
・ビニール袋数枚
・チョコレート
・ペットボトル

上記3点セットは地震大国ニッポンには必需品。

でも、もしかしたら
「何も知らぬことは最も幸福である(ことわざ)」かもしれませんね。

Posted by Brave-woman
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。