女性のためのライフワークを考える

向上心があり、自分のライフワークを真剣に考えている方、そして、社会貢献へ関心のある全ての女性へ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコプロダクツ2006

2006.12.15.Fri
昨日「エコプロダクツ2006」へ行ってきた。

時代の流れを感じてしまった。

今や、「エコロジー」に取り組むということが大企業のミッションであり、それを昔の日本のように「不言実行」ではなく「有言実行」するので、車系、ガソリン系はもちろん、紙系、電気系と一流メーカーが多く出展していた。

数年前は、地味目な展示会が多くなってきたが、
なんだか、以前の活気ある展示会を思い出してしまった。

そして、来場者の4割くらいが小学生・中学生の社会科見学?である。
これも、企業にとっては、子供の頃から「good impression」を与えることができる格好の場であろう。
意外と、子供の頃の記憶は残っているもので、その時感動した企業に対しては、大人になっても良い印象を持ち続けるというパターンが多い。
(ある編集者は、小学生か中学生の時に展示会に行き「パイオニア」からサンプルなど色々なものをもらい「気前の良い会社だな~」と思い、今でも「本当に、パイオニアは、好きだな~」と言っている)

少子化時代、既にローティーン囲い込みは始まっている??

さて、エコプロダクツだが、私は大きな企業の取り組みよりも、小さな企業や自治体の取り組みに注目した。
気になったところを次回更新します。
※今資料が手元に無い!!
スポンサーサイト

不名誉な企業リスト

2006.12.12.Tue
「グローバル・コンパクトより除外企業335社が発表 」ということで、
「不活発」及び「報告なし」として扱われる企業335社を除外したそうだ。

この不名誉な企業リストを見てみると、
ブラジル、フィリピン、インド、スペイン、中国などが多い。
(幸運にも?日本企業は無かったです)
何故、このような国が多いのだろうか?
おそらく日本はキチンとレポートをしているのだろう。
しかし、大企業がCSRレポートを書くことだけを目的としてCSRを取り組んでいるようなことがあったら、違う意味で深刻な問題である。
表面的なところ以外の部分も調査して欲しい。

なんだか、久しぶりの更新なのに、重いネタ(笑)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。